東京まで77.7マイル

思いつくこと、思い出すこと、思いあぐねていること。それから時どきワイヤーワーク。

「カープール・カラオケ」を見ながら一緒に歌う(S)

アメリCBSの人気深夜トーク番組

「The Late Show with James Corden」の人気企画

「Carpool Karaoke」を、時々チェックします。

本番組の放送後に「Carpool Karaoke」の部分を、

YouTubeで公開しているのですね。

 

内容は、司会を務めるJames Cordenが運転する車に、

大物アーティストが乗り込み、

たわいのない話で盛り上がりつつ、

カーオーディオから流れるカラオケをバックに

狭い車内で一緒に歌いまくるというものです。

ちなみにファーストレディーMichelle Obamaが

乗車したことでも有名です。

 

車内という密室空間がなせる技なのか、

ジェームズ(司会)の人柄なのか、

あまりカメラを意識せずに楽しんでいる様子は

見ていて本当に楽しく飽きません。

自身の楽曲だけでなく、

他のアーティストのヒット曲を歌うこともあり、

それも見どころの一つです。

もし、ご存知ない方がいらっしゃたら、

ぜひチェックしてみてください。

 

通常は車中の映像だけのものが多いのですが、

この人の場合はやはり別格の仕上がりになっています。

ご紹介するのは「Paul McCartney」版です。

youtu.be

それでは、また。

 

変化への対応(S)MFS 50:Proud Mary

事業部を離れて5年近くになる。

当時、自分に課されていた責務は、

全部で三つある事業部の中の

卸し部門の「目標達成」であった。

仮説と検証の繰り返しであったが、

要は結果が全てであり、

寝ても覚めても頭の片隅には「数字」があった。

 

働き方の改善などというものは、

生産性の追求という枠の中でしか考えられず、

取り組むべき課題としての優先順位は低かった。

顧客満足と従事者満足は共に大切なことではあるが、

実際の業務の中で二兎を追うのは難しく、

何より毎日「数字」に追いかけられていた。

それでも少しずつ社会の風潮が変わってきたのを感じ始めた頃、

事業部を離れ、広報部に異動になった。

 

その後「働き方改革」が声高に叫ばれるようになり、

「そんなの中小零細には関係ないだろう」と思っていたのだが、

年明け以降のわずか数か月の間に、

誰しも変えることが難しいとされていた様々なことが、

恐るべきスピードで変化して行くのを目の当たりにしている。

取り組むべき優先順位が劇的に変わったのだ。

 

企業にとって変化への対応が生き残りの条件だとして、

個人として何が寄与できるのかを考えてみるのだが、

寒暖の差についていくのが精一杯の我が身では、

何とも心許ない…。

 

今日のMy favorite songsは、この1曲。

~Proud Mary ~

Creedence Clearwater Revivalです。

youtu.be

それでは、また。

 

継続して得られるチカラって何だろう(S)MFS 49:Winelight

なかば強引に「MFB」企画をスタートさせた。

これで当ブログのパターンは、

 ①通常版

 ②MFS版(My favorite songs)

 ③MFB版(My favorite blog)

の3本立てになった。

もっとも、MFBはまだ1記事だけで、

この先続くかどうかも怪しいのだが、

当面はこの三つのパターンを駆使して、

その日の気分で記事を書くことになりそうだ。

 

それはさておき収益化を図っているわけでもなく、

いわゆる「バズ」った記事は未だにゼロだが、

とにかく、しばらく中断していたとはいえ、

1年10か月も続いているのは事実である。

1年を超えた時点で

「長きにわたってブログを継続していただいて・・・」と

はてなブログさんから案内がきたくらいだから、

内容はともかく1年10か月といえば、

そこそこ続いているということなのだろう。

書いたり読んだりコメントを入れたりが、

いつの間にか生活の一部になってきているのだ。

 

ところで「継続は力なり」と言うけれど、

ブログを続けてきたことで、

一体どんなチカラが付いたと言うのだろうか?

パッと思いつくものがないけれど

少なくとも文章力ではなさそうだ。

それがちょっと残念。

 

今日のMy favorite songsは、この1曲。

~Winelight~

Grover Washington Jrです。

youtu.be

それでは、また。

 

新シリーズ「MFB」スタート(S)MFB 1:酒と泪と男と女

はてなブログさんからの案内をきっかけに、

新たなシリーズが生まれる予感がするなどと

もったいぶって書いてみたが、

本当は「予感」ではなく「予告」だった。

実際、記事タイトルも最初は予告としたものを、

記事を書き終えた後、予感に変えて公開した。

要はやると決めていたのだが、少ししてから、

ちょうど1年前に記事が公開されていないと

この「MFB企画」は成り立たないことに気がついたのだ。

毎日記事を公開している人はともかく、

気が向いた時にしか書けない身としては、

一々、ちょうど1年前に記事を公開してあったかを

確認しないといけないのはちょっと面倒だ。

ちなみに去年の暮れから4ヶ月ほどサボっていたので、

今年の暮れから来年の3月末まで

「MFB」は使えないことになるが、

先のことを心配していてもしょうがない。

 

たまたま思いついたアイディアが素晴らしいものに思えて、

とりあえずやってはみたものの、実はそれほどでもなく、

いつの間にかしりつぼみになるパターンはよくあるのだが、

とにかくやってみよう。

 

ということで、

この記事が新シリーズ「MFB」の記念すべき第1回目。

なお、再掲載記事を1年前の同日に限定するのは

潔いけど大変なので、前後1日までは勘弁してね。

 

今日のMy favorite blogは、この記事。

酒と泪と男と女

2019年5月13日に公開したものです。

 

wired1997.hatenablog.com

それでは、また。

 

新シリーズの予感(S)MFS 48:Everyday People

昨日は、はてなブログさんからのお知らせに乗り、

ちょうど1年前の記事を再掲載してみた。

何事においても振り返りというのは大事である。

 

ところで記事を書き終えた後、ふと閃き、

性懲りもなく新たなシリーズを始めようと考えた。

感の良い読者の方はすでにお気づきかもしれないが、

題して「MFB」

 

最近は短めな文章とお気に入りの1曲を組み合わせ

「MFS」として記事にしている。

格好つけているが、My favorite songsの略である。

「MFB」は見え見えの二番煎じで

My favorite blogの頭文字。

 

言うに事欠いてというか、書くに事欠いて、

1年もしくは2年前の記事を、

再掲載して御茶を濁すとは何事かと、

厳しい読者からはお叱りを受けそうだが、

本人は至って乗り気。

というか、『易きに流れてるだけでしょっ!』って、

誰かが言ってるような、言ってないような…。

この声は、お叱りなのか、内なるものか、

どうだろう。

 

今日のMy favorite songsは、この1曲。

Everyday People

Playing For Changeです。

この動画、ご紹介するのは2度目だと思いますが、

前に載せたのがちょうど1年前だったりして・・・。

 

まぁ、好きなのでご勘弁を。

youtu.be

それでは、また。

 

1年前の記事を読んでみる(S)

 はてなブログから、

「1年前の記事を振り返りませんか?」

という案内が届きました。

 

届いたメールには、

「1年以上の長きにわたって

 ブログを継続いただいているユーザー様を対象に、

 過去の同じ時期に投稿した記事を振り返るため」と、

記してあります。

1年以上の長きとあるのは、

1年未満で止めてしまう人が多いからでしょうか…。

 

それにしても、昨日の記事で、

他の人の書いた文章を見る機会がどうのと

書いたばかりなので、ちょっとびっくりです。

そもそも自分が過去に書いた記事についても、

ほとんど読み直すことがなかったので、

久しぶりに読んでみることにしました。

正直、『ずいぶん丁寧に書いていたんだな』

というのが読後の感想。

そして、それより何より感じたのは、

『1年前に比べて文章力はちっとも上がってないな』

ということ。

ちょっと残念ですが、まぁこんなもんでしょう。

 

ということで、厚かましくも

昨年の5月12日の記事を貼り付けます。

なので、今日のMFSはお休みです。

wired1997.hatenablog.com

 

それでは、また。

 

文は人なり、かな?(S)MFS 47:I Will Survive

文は人なりと言うけれど、

そもそも作家と呼ばれる人の作品以外で、

他人の書いた文章を読む機会なんて、

そうそう無いものだ。

特に社会人になってからは、

日常的に関わっている人の文章でさえ、

読む機会はほとんどないのではないか。

なので「文」と「人」が

「=(イコール)」で結びつくのかと言えば、

本当のところはよく分からない。

 

文章力のある人ほど

自分の考えを文章に反映できるだろうけど、

考えようによっては、文章力のある人ほど、

自分の本当の考えを隠すこともできるに違いない。

そうだとすれば書き手の人となりが

自然と文章に滲み出るとも言えるし、

いやいやそうでないとも言えるのではないか。

何だか、ややこしい…。

 

ブログを始めて、他の人の文章を読む機会が増えた。

生涯会うことがないかもしれない人の、

人となりを想像しながら読んでいるけれど、

それもまた楽しいものだ。

 

今日のMy favorite songsは、この1曲。

~I Will Survive~

Gloria Gaynorです。

youtu.be

それでは、また。